最後の贈りもの。

金曜日の夜、ヤマト配達のメールで
お父さんからの荷物が日曜朝に届くことを知った。

すると兄から珍しく電話
「父さんが脳出血で倒れた。今夜が山じゃけえ」

実は、私。妊娠5ヶ月目。
一番喜んで浮かれまくったのはお父さん。念願の孫。わたしは何年も「孫まだ?」と孫孫言われ、できにくいと診断されてたので、その言葉は正直苦痛だった。

酸っぱい物ブーム到来中の私に、
「カブの酢の物やら色々来週送るけーね」
とニヤニヤ声の父。
先月も送ってくれたし、いいよと断ったのに。
浮かれすぎて、脳出血?
荷物を送ってくれた後に倒れたってこと?

深夜2時
「山は乗り越えたけど、意識は戻らない。延命治療もおかんはやらないと決めたのでもって1週間」
と兄からLINEがきてた。

日曜日の朝、お父さんの荷物を受け取って
実家に帰ることに。

荷物を受けとるのが嫌だった。
泣いたりして感情が乱れるのが嫌だった。
10時過ぎヤマトさんが持ってきた。

「よし、開けるか!」1人掛け声をかけた。
IMG_04062019_150928_(1080_x_1080_ピクセル)

フキの煮物、生姜みそ、カブの酢の物
IMG_04062019_150947_(1080_x_1080_ピクセル)

そして米を箱からだすと、
IMG_04062019_151016_(1080_x_1080_ピクセル)

カープのポスターが敷かれていた。
何かしらカープものを入れてくる風習がお父さんにはあった。

最後のお父さんの料理を、一口づつたべた。
くたっとなったカブは味が染みこみすぎてて
フキと味噌は懐かしかった。

20190604_134252

気持ちをそらすため、なぜか写真をとり
東京駅へと急いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。